※キッズ事務局からのお知らせは「スタッフブログ」でお知らせします。
ブログでの基本ルールとマナー
キッズブログを作成すると、そのアドレスを入力することで、全世界のPCからアクセスが可能になります。つまり、みなさんのキッズブログが完成した時点で、世界中に公開されていることになるわけです。ブログを作成する場合、以上のことを頭にいれたうえで、ルールを守った正しい利用の仕方が必要になります。
※キッズブロガー、やってはいけないこと!!(違法行為編)
個人情報をブログに書かないように気をつけよう!
自分や家族、お友だちなどの個人情報をブログに書かないようにしてくださいね。
<書いてはいけない個人情報>
・キッズID ・パスワード ・本名 ・住所 ・電話番号 ・メールアドレス など
他人の著作物(作ったもの・書いたもの・描いたもの)には気をつけよう!
自分が作成した(書いた・描いた)ものではない他人の著作物を、勝手に自分のブログに掲載しないようにしてくださいね。
<してはいけない例>
・自分が好きなタレントさんやアーティストの写真を、ブログに使った(載せた)。
・自分が好きなアニメや漫画の公式画像を、ブログに使った(載せた)。
・自分の好きな歌の歌詞(歌詞の一部)を、ブログに使った(載せた)。
・お友だち(他人)のブログ(ホームページ)で、可愛いイラストがあったので、保存して自分のブログに無断で(勝手に)使った(載せた)。
・お友だち(他人)のブログ(ホームページ)に、ステキな詩(物語)があったので、保存して自分のブログに無断で(勝手に)使った(載せた)。
肖像権(しょうぞうけん)には注意しよう!
例えばお友だちや家族が写っている写真などを、本人の了承無しにブログやホームページに使用(掲載)することはできないので注意しよう。必ず、写真に写っている本人の了解を得てからにしてくださいね。
<してはいけない例>
自分が好きなタレントさんやアーティストの写真を、ブログに使った(載せた)。
街でタレントさんを見かけ時に携帯電話のカメラで撮影した写真を、ブログに使った(載せた)。
学校の友だちと遊びに行ったときの写真(みんなで写っているもの)を、みんなの了解なしにブログに使った(載せた)。
※キッズブロガー、やってはいけないこと!!(ネットマナー編)
他人の悪口や他人を傷つけるような言葉を使わないようにしよう!
キッズブログのコメントは、キッズページと同じように、投稿されたコメントの内容を担当のスタッフが常時監視(モニター)していますので、「死ね」「バカ」といった悪質な内容の言葉や表現を用いたコメントを投稿すると、サイバーキッズ共和国が利用できなくなってしまいます。ネットでは、パソコンから投稿された情報は、誰のPCから投稿されたものかが簡単にわかってしまう場合が多いので、つまらない行為で結局自分が損をすることになります。ネットでの言葉の使い方には十分注意してくださいね。
自分のブログの宣伝行為を目的としたトラックバックはしないようにしよう!
トラックバックというのは、関連のある記事と記事とを結びつけるための「逆リンク」システムです。自分のブログの記事とまったく内容に関連性がないのに(内容的に結びつくような所がないのに)、自分のブログへのアクセスを増やすことだけを目的にトラックバックをすることは”トラックバックスパム”とも呼ばれ、ブログの迷惑行為の一つとされています。自分のブログの宣伝を目的としたトラックバックは絶対にしないでくださいね。
※キッズブロガー、やってはいけないこと!!(心得編)
々咾蕕靴覆匹里い燭困藕坩戮あっても絶対に相手にしないようにしよう!
いわゆる「荒らし」行為というのは、相手がその行為(いたずら)によって反応してくれることを期待していますので、「荒らしはやめてください!」といった反応や荒らし行為への反論を書いたりすると、かえって相手(荒らしさん)の”思うつぼ”になってしまいます。荒らしっぽいコメントやトラックバックがあったときは、騒がず、あわてず、相手にせず、すぐに削除するようにしてくださいね。また、「ネットマナー編」にも書いているように、サイバーキッズ共和国では、みなさんのブログに登校されたコメントを常時監視していますので、荒らし行為があってもあわてる必要はまったくありませんので、安心してくださいね。
◆崔作権の侵害」と「パクリ」の違いを理解しておこう!
単にサイトの雰囲気が似ていたりレイアウトが似ているだけで、「パクらないでください!」と感情的に相手に文句をいう人がいますが、ルール上は全く問題のない場合がほとんどです。 相手にパクリ!と文句を言えるのは、次のようなケースです。
自分が創作した日記や詩、小説などを無断で使っている
自分が創ったHP素材を、勝手に使っている
自分と同じファッションをしている人を街で見つけたときに、”その服は私の着ている物と同じだわ!パクリよ!今すぐ脱ぎなさい!”なんて言えないのと同じで(^^; HPやブログの雰囲気やメニューなどが似ているというだけで、相手に文句を言うのはやめましょう。
絶対に真似をすることができない”中味”で勝負をすることにエネルギーを使うことが大切ですよ。